特徴

布線処理モジュールの特徴

他社にはない盤配線支援システム「WiringPLAN」の特徴!
1.盤間中継端子を自動作成します。
Aの盤からCの盤に渡る配線も、Bの盤に自動で盤間中継端子を自動発生させることができます。

2.扉への配線箇所に端子台を自動作成します。
扉面の指定をすることにより、端子台やコネクタを自動発生させることができます。

3.コネクタ部品等があり中継端子が必要な場合は、盤内中継端子を自動作成します。
端子がコネクタ等で中継が必要な部品は中継端子を自動発生させることができます。

4.部品マスタとの連携により部品の端子情報を持つ事が出来ます。
部品マスタとの連携により、個々の部品の端子サイズの情報を電線加工に反映できます。

5.実装図にもとづくFromToリストを作成します。
実装図にもとづいたFromTo情報を出力することができます。

6.図面の設計変更に柔軟に対応しております。
設計変更時は、差分の布線リスト(FromToリスト、バック図等)を作成します。

測長処理モジュールの特徴

2次元での測長可能!
1.ACAD-DENKIにて図面を作成
展開接続図だけでなくIO回路図にも対応しています。

2.WiringPLANにて列盤処理
単一盤だけでなく、盤間を中継しない列盤にも対応しています。
盤内の接続情報は回路図から、配置情報は実装図から抽出します。

3.エラーチェック
回路図、実装図の部品情報の過不足等のチェック
電線加工情報の有無、重複、エラーチェック
など、図面の不整合をチェックします。

4.各種リスト出力
パッケージだけで以下のフォーマットのファイルを作成します。
  • 電線情報
  • FromToリスト情報
  • マークチューブ情報
  • バック図リスト情報
  • 機器ラベル情報
  • キャスティングI/F情報
  • 捨てチューブI/F情報
※御社仕様のフォーマット作成もカスタマイズで対応可能です。

5.設計変更リスト作成
前回作成した電線の差分(追加本数、削除本数)がわかります。

6.測長用展開図を作成し、ダクトを配置します。
回路種別によって通過するダクトの選択が可能です。

7.測長後の配線ルートの確認
回路種別単位・指定部品単位など配線ルート確認方法のバリエーションが豊富です。
展開図上で配線ルートの変更作業も可能です。

本社〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島2-14-6 新大阪第2ドイビル 5F06-6300-0306
東京支店〒141-0022 東京都品川区東五反田1-6-3 いちご東五反田ビル 7F03-3444-7107
沖縄支店〒901-0152 沖縄県那覇市小禄1831-1 沖縄産業支援センター403-1号室098-859-8311
名古屋営業所〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-19-32 Pinetreeビル 3F052-201-9550

© Alfatech Inc,. All Rights Reserved.